スタッフの必要

夫婦の証

産婦人科で姙娠や分娩を扱う、医療スタッフについて紹介します。
産婦人科での医療行為のリーダーとなるのは、医師です。
医療の主役はもちろん姙娠や分娩をする患者さんですが、医療行為をする上でチームの指揮を取るのは医師です。
診断や治療内容の決定を下して、治療方針にも責任を持ちます。
姙娠や分娩だけでなく、公共衛生や予防医学でもリーダとして他の医療スタッフを引っ張る存在です。
医師は国家試験を受験して、資格を取る免許制です。
医師となる条件は国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けることです。
医師の診療や治療の仕事を補助し、幅広い医療行為をサポートするのは看護師です。
産婦人科に来院した患者さんや、病気や怪我をした患者さんの療養上の世話をします。
国家試験に合格し、厚生労働省の看護師籍に登録します。
さらに産婦人科で医師をサポートするのは、助産師です。
助産師は助産または妊婦、じゅく婦や新生児の保険指導をするスタッフです。
患者に異常がみられるときには医師の診察を受けさせたり、分娩の介助を行います。
妊婦から新生児までの世話をし、助けになる役割があります。
産婦人科で薬剤の処方をしているのは、薬剤師です。
薬を調剤し、服薬指導を行います。
妊娠や出産に不安を抱いている患者を安心させるコミュニケーションも取り、一人ひとりの合った薬を提供しています。
妊娠している女性には細心の注意を払い、胎児に影響を与える薬の提供は避けます。
栄養面をサポートしているスタッフは、栄養士です。
妊娠や出産に必要な栄養素を指導したり、食べ過ぎや太り過ぎなど食生活に関するアドバイスも行います。
患者の好みや状態に合わせた献立作りをしたり、患者が食べやすいように工夫することも大切です。
食事指導は患者のやる気が出るように、注意をするのではなく励ますように指導します。
入院中の楽しみは食事なので、患者の状態を把握したうえでメニュー作りをして、工夫した食事の提供をします。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930